包茎に悩んでいませんか?

女性との交際や銭湯での目線など思いのほか包茎が気になるシーンがあります。自分で剥くことができないのなら病院での治療を考えましょう。

仮性包茎と真性包茎の違い

自分で剥ける

仮性包茎は自分で皮を剥くことができる状態です。軽度なら何の問題もありませんが重度になるとなかなか剥くことが難しくなります。

常に皮をかぶったまま

完全に皮をかぶっており剥くことができないのが真性包茎です。亀頭を直接洗えないので衛生的に問題のある状態になりやすく臭いの原因にもあります。

自信を取り戻すには・・・

少しお金をかけて傷跡が目立たない状態で手術をしてしまうのが手っ取り早い方法です。技術もどんどん進化しており失敗することはほとんどなくなっています。

コンプレックス解消に関するページ

悩む男性

まっすぐにならない

勃起したときに陰茎がまっすぐにならない時はペロニー病を疑いましょう。しこりがあるときや痛みがあるときも要注意です。

Read More
医師

皮がむけない

包茎は治療すれば治ります。仮性包茎なら日々自分でマッサージするだけでも違います。必要な治療を行って男性としての自信を手に入れましょう。

Read More

包茎に悩んでいるなら手術を検討してみよう

カウンセリング

包茎手術の効果

手術で余分な皮を切り取ってしまうので効果は永続的と言えます。性感帯を残す方法を取れば感度を下げることもありません。ただし肥満が原因で皮が伸びてしまうと仮性包茎に近い状態になります。せっかくの効果をなくさないためにも健康に過ごすことが必要です。傷もきちんと癒えてしまえば時間とともに目立たなくなってきます。

筋肉質な男性

手術後の注意点

手術後1週間程度は患部を包帯等で保護しておく必要があります。縫合した糸は体に吸収されるものや自然に抜けるものを使うことが多いので改めて抜糸に行く必要はありません。傷が癒えるのに3,4週間かかるのでその期間内の性交は避けるようにします。勃起でも痛みを伴うことがあるので痛む間は安静にしておくのが賢い選択です。

包茎手術の流れ

医者

カウンセリング

今の状態と現状悩んでいることをしっかり説明して担当する医師に理解してもらったうえで治療方法の検討に入りましょう。手術の要不要もここで判断してくれます。

費用見積もり

セットのプランなどで明確になっていればそれほど問題になりません。オプションの有無など選べる要素があるときはカウンセリングの内容をもとに見積もりを作ってくれます。

施術契約の締結

実際は見積もりの内容に対して正式に施術を依頼するだけなので契約締結と言うほど仰々しい作業にはなりません。泌尿器科の治療であればここまで大層にはなりませんが包茎専門のクリニックだよよくあることです。

実際の施術

カウンセリングと見積の過程で合意した方法で施術を行います。当日の体調によって麻酔などは変更した方がいいこともあるので担当医師の判断を仰ぎましょう。

手術後のケア

継続した通院は不要ですが経過観察で1週間後くらいに1度、手術をしてくれたクリニックへ行っておきましょう。傷口はできるだけ清潔に保ち刺激は避けるようにします。